日本への恩返し 商標編

北京本部(Dragon IP)の商標部から皆様へ

 日本のクライアントの立場から物事を考え、
 日本のクライアントが希望する権利を取得し、
 日本のクライアントの権益を守り、
 そして商標業務を通じた日本への恩返しを実現します。

弊所の沿革

 弊所は、1998年に設立された中国特許事務所です。創設者である郝慶芬(所長)は、中国専利法の起草作業に参加するとともに、中国国家知識産権局の実用新案審査部の部長などを歴任しました。専利法を起草する際、国家知識産権局は、局内の審査官を世界中の先進国の特許庁に送り、日本を含む先進国の特許制度を勉強させるようにしました。弊所の所長は、その一員として日本特許庁で勉強しました。そして、日本で勉強した日本の特許制度を中国に持ち帰り、その起草作業を行いました。このため、日本の特許制度は、中国専利法の母親の一人と言っても過言ではありません。
 弊所は、設立当初から「日本への恩返し」を事務所の理念の一つとして、主に日本のクライアントに15年間、中国知財サービスを提供してきました。 

 

わたし(傅)の経歴

 私は、傅 文浩(フ ブンコウ)と申します。2003年に日本の京都に留学しました。高校を卒業したばかりの19歳でした。日本で日本語を学び、推薦で日本の大学で法律を勉強したのち、大阪大学大学院で知的財産権法を学びました。2011年、大学院を卒業してから、中国に帰国しました。
 優しい学校の先生、バイト先の店長、大家さん、そして友達になってくれた友人たちなど皆は、親切で、すごくいい方たちでした。私に日本語、日本の文化、日本人の考え方、やり方を教えてくれました。本当に心から感謝しています。
 卒業が近づいた頃からずっと、どのようにして日本へ恩返しができるのかを考えていました。私には、大学院の卒業時、日本での留学経験、日本で学んだ知財の知識しかありませんでした。このため、その知識を通じて日本に恩返しをすることを考え、同じ理念を持つ銀龍という事務所を選び、日本のクライアントの商標業務を代理する仕事を就きました。

学歴:
 法学修士
 大阪大学大学院法学研究科知財プログラム修了
職歴:
 2011年から商標代理人として弊所に所属
使用言語:日本語、英語、中国語

 日本の皆様に最善の商標に関する代理サービスをご提供し、日本への恩返しをしたいと思います。

 皆様、よろしくお願いいたします。